に投稿 コメントを残す

幸せ者たちよ

上から気付けと降りてきたー
・・・・・・・・

幸せだ。
幸せだ。

なっな〜〜〜んて幸せ者なんだ

あなたにも天路にも 産んでくれた親がいた。

あ〜あ〜  なんて 幸せだ

この世に生を受け、すべての存在の「命」を頂き「今」生かされている

眼が覚めたら モノが見える   幸せだ〜

起きあげることができる     幸せだ〜〜

トイレに自分の足で行かれる   幸せだ〜

トイレの介助してもらってる   幸せだ〜

トイレ行き、介護が出来る     幸せだ〜

手指が 足が動くぞ〜      幸せだ〜

顎が動くぞ 食物かむぞ     幸せだ〜

飲みこめるぞ 胃が働くぞ    幸せだ〜

内臓 仕事してくれてるぞ    幸せだ〜

筋肉仕事してくれているぞ    幸せだ〜

血液流れているぞ 神経感じるぞ 幸せだ〜

痛み感じれる神経生きてるぞ   幸せだ〜

携帯電話 持っているぞ     幸せだ〜

3日以内に 飯食ってるぞ    幸せせだ〜

空気が吸えるぞ         幸せだ〜

雨露しのげる屋根の下にいるぞ  幸せだ〜

水道から水が出るぞ       幸せだ〜

   『穢れのない崇高な光よ

   穢れ無き 魂よ

   あなたの魂のことです

    崇高な 光の魂

   愛の波動の魂』

長い間に いつしか穢れに染まった光たちよ

その穢れを  
知って手放す者よ 
手放せない者よ

その穢れさえ 知らずに生きる者よ

善しも悪しもなし 自由である

思考が起き 感情が起き 思いこみが起き 概念となる

感情に あなたが好まない「気分」が湧いた時

 魂に 穢れの「因」を生み出す

時空を超え あなたの魂ベースに蓄積されていく「因」

あなたにとって 必要な時に「因」は「果」となり具現化をしてきた

気付きが起きる者  
起きない者

浮あがって 具現化する速度も増してきた

輪廻転生し続けて「果」という「難」からの学びから思い出す「魂の旅」

その旅から 愛の光  穢れのない魂に帰れる「今」を迎える

「果」を受け それにより「因」をなお作る事を繰り返す者

難病や 心の苦しみを伴うアクシデントが 加速をつけて溢れ出す 

宇宙の波動進化に あなたは「因」から「果」という浄化をいただき

「浄化」によって 苦しみ新しい「因」を作っていく

   選択は自由   

思い出し始めた者は幸いである

ーー以上はーー  

洗濯中に降りてきたメッセージです。

「因」とは わたし達が作ったものです。
「果」は 実った結果を引き寄せたということです。

因果応報とか 聞いたこともありますね。

「難」は幸いなり  

わたし達の魂の中にある   「穢れ」

魂ベースがコップだとしたら、コップの中に沈んでいる穢れを、相手やアクシデントや病は、かき回し棒。

かき回したら 沈澱してた穢れが浮き上がってきた。

浮き上がってきた穢れをみて またまた 悲しみ苦しみ怒りなどを、コップに投げ込む。

いつまでたっても 穢れ無き魂から遠ざかる。また生まれなおさなくちゃ〜

「難」を沢山沢山 子供の時から頂いた天路は とっても幸せ者である

心から そう思う。

読んでくださった方 出会って下さり 心からありがとうございます。

            天路

働く場所があるぞ        幸せだ〜

どんな状態でも家族があるぞ   幸せだ〜

怒りや悲しみも 持っているぞ  幸せだ〜

感情を持っているぞ       幸せだ〜

感情の使い方は自由だぞ     幸せだ〜

手元に100円はあるぞ       幸せだ〜

声をかけてくれる人がいるぞ   幸せだ〜

喧嘩出来る相手がいるぞ     幸せだ〜

なんとか言いながらも、ネット内へ アクセスしてるぞ〜

幸せだな〜〜   豊かだな〜

天路達は 本当に 豊かで幸せだね。

当たり前の日常の中で、・・・幸せ・・・見つけられなくなったら、
目隠しをして、口をふさぎ、手指足を動かさず、テレビもラジオもかけず、トイレにも立たず、風呂も動かず、食事も運ぶ手も動かさなかったら・・・そして内臓も筋肉も血液も 呼吸器も働かなかったら??

天路達人間は  こんなにも豊かで満ち足りている。

先祖に感謝

世に 産み落として下さった両親に感謝

不平不満を言わない肉体を、愛し感謝し癒

地球の存在の命に生かされている事へ感謝

口をきいて下さる 自分以外の存在の人間や家族に感謝

喜怒哀楽を 引き出して下さる、相手や物事に感謝

外にではなく 自分自身の内部や足もとに目が行った時に、

こんなにも 豊さで守られて囲まれていることに気づく。

ありがたい・・・本当にありがたい

常日頃 感謝への意識があっても、たまに 集中感謝日を、週に1回は時間を作っているアマジです。

心の奥から  感謝と喜びで、魂が歓喜する声を、感じ取ってみてください。

に投稿 コメントを残す

扉を開く

何度 叩いたでしょうか

閉ざされた遠い魂の記憶は目覚めましたか

光輝く神の御霊に 外部から古代から何世紀にもわたり

何度も 何度も

あなたの深い部分に
声をかけてきました

嵐や 雨だと思い違いをして

あなたは 自分をドンドン 閉じ込め

悲しみ  苦しみ  憎しみ  怒り  憂鬱の中へ

あるものは 己の心や意識の動きにも気付かず

自由気ままに 我だけを思い

我欲  名誉  権力  名声  強欲  蔑み・・・

神から離れ 好き勝手に 意識や感情を使い

あなたが使う 感情や意識想念が
今の地球を作ってきた

もう 攻撃や争いや欲から離れ  愛や光を放つ御霊の素に気づく時期

物欲は愛の渇望の一部と知れ

今度は あなたから扉を開けよ

閉ざした愛を解放する時が来たぞ

あなたの思い 考え 意識が具現化ドンドン早まる
無駄な思考はいらぬ

ただの大きな荷物にしかならん

いやいや  ただの荷物ではない

厄介な荷物になる

愛ある光たちよ

『うちから 出でよ』

扉は 中からしか 開かんぞ

外から 扉を叩くのはソロソロなくなるぞ

聞こえぬ耳で 聞け

見えぬ目で 見据えよ

形無いもの その手で掴め

足で歩くは 間に合わんぞ

意識を 飛ばせ

もう  あとは無いぞ

気づいたものから 扉を開け

光を放て

本来のあなたは  まばゆいばかりの光ぞ

抱えている濁りに気づき  
はよ手放せ

荷物は いらん

愛の光たちよ   
神であること 記憶たどれ

も一度語るぞ

内からしか  扉は開かんぞ

に投稿 コメントを残す

えんさか えんさか

えんさか えんさか
どっこい どっこい

なんだかんだと生きてきてしまったようだ。

「人は鏡」
「人の振り見て、我が振り直せ」
「神の子」
「若い内は苦労は買ってでもしろ」

フムフム

「あ〜は なりたくないね」

フムフム

何故か人を見て 反応している自分がいるね。

反応した自分自身の 愛以外のモノが根っこにある

「要らない手放すモノ?」

出会う人々が 私の「愛以外」を映し出す

フムフム

嫌な出会いが起きる度に 魂の垢を見せてくれる鏡達

己の中から 浮き上がるモノは何?

批判 攻撃 嫌悪感 怒り 憎しみ 悲しみ…

ほらほら 浮き上がる

嫌な相手に対して浮き上がる感情エネルギーは 愛以外の汚れかもよ。

相手に問題があるのでは無く 反応してしまう自分自身の問題点…

見っけた!

フムフム

そっかぁ〜
「人の振り見て我が振り直せ」

なるほどな

フムフム

怒りも悲しみも憎しみも混乱も

相手や現象が 与えたわけでない

自分自身の中に 潜んでいたから 浮き上がっただけか

自分自身の中に 無ければ出てこないモノ

あるから 出てきたね

フムフム

「難が有る」
そっか だから 「有難う」

私の為に 難が有るんだな

フムフム

難が有る度に 気付いて手放して、愛以外を手放して綺麗な人間になるために生まれて来たんだね。

えっ?

違うの

フムフム

人間として 生まれたのはね

個々の自由意志を持っている、愛と光のエネルギー 霊的存在だと気が付く事。

そして 与えられた身体を使い
自分自身を ワクワクさせる行動を起こす事。

自分自身を 幸せにすることに。

自分自身の身体を使い 夢の具現化を構築していく事。

沢山 沢山 自分自身を幸せにして
その幸せ波動は まわり中に広がり 連鎖を起こす。

フムフム

あらら?

神様みたいだね

フムフム

あなた 神様だよ

えぇ?

神社に 丸い鏡 あるよ

フムフム

手を合わせると 誰が映る?

フムフム

わたし?

うんうん
あなたも神様

苦労は 買ってでもしろ

あのね

苦労の末
怒り 愚痴 悲しみ 憎しみを 起こしたままで逝かないでね
また宿題増やすからね

湧き出る感情と向き合い 相手や現象に 感謝しようね。

悲しがっても 怒っても 問題解決にはならないね。

自分自身を自分で癒す時代だね

フムフム